うさぎの基本

アナウサギを知る Part2

うさぎ用乾燥明日葉(あしたば)販売

私たちと一緒に暮らしているうさぎ(アナウサギ→カイウサギ)たちのルーツを紹介する第2弾。アナウサギの特徴を知ることで、おうちのうさぎの行動について理解が深まるはずです。

お家のうさぎに残っている習性

私たちと一緒に暮らすうさぎたちに目を向けてみましょう。全てのカイウサギのルーツがアナウサギであることを書きましたが、現代のカイウサギは、アナウサギが持っていた多くの習性を引き継いで生活し、皆さんが普通に見ることができます。いくつかその例を挙げてみましょう。

代表的な習性例

  1. ホリホリする
    これは、最もアナウサギが得意とする巣穴を掘る行動です。飼いうさぎも土のある場所に放すと立派な巣穴を掘り生活します。
  2. 食糞
    草を食べて巣穴に戻り、栄養豊富な盲腸糞をつくり出し、食べ戻しします。天候不順などで外に出られない時、このお腹で作る食物で安全な巣穴に2、3日こもることができるのです。
  3. 臭いつけ
    縄張りに進入するうさぎに対して、ここは自分の縄張りだと分かるようにするため、臭腺のある下あごを草や枝にこすりつけて臭いをつけます。また、フンやおしっこも自分の縄張りの境界を示すための行為になります。
  4. スプレー(おしっこかけ)
    スプレーは、求愛行動でメスに対して行われたり、侵入者や自分の地位を侵すうさぎに対しても攻撃の一つとして行われたりします。
ホリホリする
食糞
臭いつけ

飼い主さんの配慮次第で仲良く暮らせる

上記のようにアナウサギとして持っていたいくつかの習性は、おうちの中で一緒に暮らす皆さんにとって困った問題に発展していることもあります。
例えば、『ホリホリする』行動は、ケージの中でも頻繁に見られたりします。ケージの隅や床を『ホリホリする』のは、音がうるさくて嫌がられたりしますね。
フード入れの中のフードや、牧草を『ホリホリ』と全てかき出してしまうコもいます。これは、習性とはいえ『もったいないので』して欲しくないことです。このような場合には、フード入れや牧草入れを床置きの物からケージに固定できるタイプにしたり、高い位置に付ける工夫で解決します。また、部屋に放してあげた時、カーペットや畳を『ホリホリ』『カジカジ』されるのも困ります。うさぎは、体の割に破壊力があり、また1ヶ所を熱心に行うので、その損害は甚大です。

また、カーペットなど消化できない物を飲み込んだりする危険もあります。カーペットをかじりにくいクッションフロアーなどにしたり、サークルなどで行動範囲を制限したりすることも必要です。またうさぎのこうした欲求を満たしてあげる物として自由に『ホリホリ』できる段ボール製ハウスも販売されています。
臭いつけも、よく行う行動の一つです。ケージの中にある物を始め、カーペットや家具まであごの下にある臭腺あたりをこすりつけて自分の臭いをつけて周ります。
中には、飼い主さんの体に臭いつけをするコもいます。この臭いつけも、あごの下をこすりつけてすることだけなら、人にはあまり感じられる臭いではないので気にならないと思いますが、部屋をフンやおしっこで臭いつけされるのは少々困るかもしれません。
うさぎが思春期を迎える生後3ヶ月頃になると縄張りの意識が芽生えてきます。仔うさぎの頃にはきちんとしていたトイレが、できなくなったといううさぎも少なくありません。
これは、大人になる過程のうさぎによく見られる行動で、臭腺での臭いつけと同様、元来縄張りを持つうさぎの生活には必要なことなのです。でも、これを助長させるとうさぎ自身がリーダーとして人よりも強い存在になりかねません。抱っこできなくなったり飼い主さんが攻撃の対象になってしまうこともあります。これには、部屋の中で散歩させる時も、あまり広いスペースを自由に遊ばせるのではなく、サークルなどでスペースを区切り、飼い主さん主導でケージから出したり、ケージに戻したりすることが大切です。うさぎがリーダーにならず、飼い主さんの優位を認めさせる方法になります。

「ケージから出る?」中山ますみさん

オスのスプレーに悩んだら…

●スプレー行為の例
うさんぽエリアにフンをまきちらしてマーキングする

うさぎがオシッコをひっかけることを『スプレー』と言います。これには、二つの意味があります。一つは、交尾を目的にしたメスにひっかける求愛行動の場合と、もう一つは縄張に侵入した敵に対する攻撃の場合です。どちらの場合もひっかけられた人にとっては、とても嫌なことではありますが最初に挙げた求愛行動であれば何となく納得して、愛おしさが増すこともあるかもしれません。
ただ二つ目の理由でオシッコをひっかけられる場合、攻撃の対象とされるので飼い主さんには辛いことです。うさぎが自分のことをライバルと感じているのは、うさぎ自身、かなり縄張り意識が強くリーダーになりたいタイプです。このようなタイプのうさぎは、ケージの前に立つとしっぽを上げて行ったり来たりして威嚇するような行動を見せます。
そして、攻撃的に噛むことも見受けられます。もしこのような行動が特定の一人だけではなく複数の家族に見られる時、それらの問題行動を矯正するのが難しい場合があります。その場合は、獣医さんに相談の上、去勢手術を考えなくてはならないこともあります。そして去勢手術をする場合、なるべく早い見極めが必要です。あまり年齢を重ねたうさぎでは、去勢の効果が現れにくい場合があるからです。また、去勢手術をした場合でも完全に問題行動が矯正されるわけではありません。

お互いに暮らしやすく工夫しましょう

2回にわたり、アナウサギの習性についてご紹介してきましたが、皆さまのうさぎのルーツが、全てアナウサギであるということがわかりましたか。現在、一緒に暮らすうさぎが起こす色々なエピソードや問題行動が大昔、草原で生活していたアナウサギから代々受け継がれてきたものであることがわかると、うさぎが『巻き起こす事件』や『飼い主さんの悩み』も、皆、祖先のアナウサギが自分の身を守ったり生きていく上で必要不可欠なものだと理解が深まります。「うちのうさぎは、ちょっと大変だな」と思っていた事も少し楽しく楽に考えられるようになるのではないでしょうか。

例えうさぎがそういう性質が強かったとしても人間目線で否定してはいけません。叱ってもうさぎには本能からなので理解できないですし、うさぎにとってとても大切な行動なのです。本当にそれが飼い主さんにとって問題行動である場合は、飼い主さんがお掃除しやすいように、お部屋でおしっこをしてもよいマットをたくさん敷いたり、ホリホリグッズを提供するなど、共に仲良く暮らすための工夫をすることが重要です。