うさぎの健康

スーパー元気なシニアくん

うさぎ用乾燥明日葉(あしたば)販売

うさぎの寿命は明らかに長くなっています。小誌の人気企画「Super元気なシニアくん・シニアちゃん」から11歳の元気な男の子をご紹介します(うさぎと暮らすNO.78から転載、近況を補足)。

ショータン(オス・11歳・ドワーフホト)
東京都 ピギーさん

ショータンとの出会い

2歳の頃

2011年のうさぎ年は、年始からテレビなどでうさぎに関する報道が繰り広げられました。『うさぎは1ルームで暮らすOLにぴったり、お散歩は不要』という報道を見たピギーさん。それまで犬をお迎えしたくも生活環境から不可能だったため、うさぎに興味を持ちました。ペットをお迎えするのは初めてなので、お迎えする前にうさぎの品種や性格についていろいろと調べました。
すると『ドワーフホトは抱っこがしやすい(?)』という情報があり、日々うさぎ専門店のサイトで探しはじめたそうです。しかしドワーフホトを扱っているお店はほとんどなく、いろんなHPを見て、やっと探し当てたのがショータンでした。

ところが…なんとお店へ行く予定の前日(3月11日)に東日本大震災が起きてしまい、お迎えは中断してしまいます。3月下旬にうさぎ専門店が営業を再開するのを待って、会いに行くとショータンはまだお店にいてくれたのでした。ショータンはピギーさんを見て、ケージの正面へ駆け寄ってきたそうです。こうしてお迎えすることになりました。
「ショータンが我が家に来た日は奇しくも亡くなった父の誕生日で、食いしん坊なところは亡くなった母にソッ
クリです」。

3歳

ショータンの暮らしぶり

2011年1月10日生まれ。柄がたくさん入っているのでネザーのブロークンのように見えますが、れっきとしたドワーフホトです。イケメンに育ってほしいと大ファンの嵐の桜井翔さんにあやかり名前をつけました。
ショータンのお部屋は、寝室の戸が左右あるのを活用し、片方の戸はデッドスペースにして戸の前にケージを置
き、ピギーさんがお出かけする時や夜間、エアコン使用時は戸を閉めています。ケージ内のレイアウトはお迎えした専門店とまったく同様にトイレやトンネルを配置しています。5歳を過ぎてロフトやトンネルのを毎年一段ずつ下げているそうです(9歳の時の取材時)。

9歳の時

最近は環境が変わりました。
一昨年の秋頃から時々チモシーを食べない時があり数週間で復活していましたが、昨年夏の終わりから全く食べず、イタリアンライグラスに変え、それも途中から食べず…。今はアルファルファを食べています。ペレットは従来使用していたオーガニックの在庫切れのようで販売店がなく、OXBOWのエッセンシャルアダルトラビットフードに変えたところ、こちらも途中で食べなくなり…。今は三晃のラビットプラスとウーリーのスペシャルブルームを混ぜて与えています。
ケージを和室に移し、窓際のたんすを処分して、春からずっと和室にいます。前後左右からケージが見られ世話もしやすいです。

現在。今は開放的なスペースに変更しています。


ショータンにはかかりつけの動物病院があり、3ヶ月に一度は爪切りに通っています。獣医さんのアドバイスを取り入れながらショータンが健康でいられるように気をつけています。幸いにこれまで一度耳にできものができたくらいで、病気知らずのショータン。元気いっぱいですが、今年7月に白内障の症状が現れるようになりました。お目目の片方に白点ができたと思ったら、あっという間に白い部分が広がり、両目に進行しました。
『白内障になってもひげで壁の高さや障害物もわかるのであまりおうちの配置を変えないほうがいい』と言われ
たので、視力が落ちてもケージやお部屋の配置は特に変更をしていないそうです(取材時)。

現在の様子…うさぎ専門病院で歯の状態の確認、その他の検診や爪切りをお願いしています。
先月中旬、ペレットを食べなくなり、食べるのはキャベツだけのため、予定を早め先々週の土曜日に病院へ連れていきました。胃の動きが悪いそうで、痛み止めの注射と点滴、他の原因の可能性を考え血液検査、更に当初から予定していた爪切りをし、正に4重苦でした。それでも帰宅した途端、朝食べなかったペレットを完食、アルファルファも食べ安堵しました。今回は心配で先々週金曜夜から昨日まで同じ部屋で寝ました。寝室のベッドへ連れて行くと隣で眠りますが、同じ部屋だとケージへ戻る事だけを考えるようですぐ逃げ出します。たまに夜中に布団へ来て私の足をなめて戻ります。何を考えているのか全く分かりません(笑)。

8歳


9歳の時
トランポリンに乗ることも…

それが効を奏したのか、ショータンはよく動き回ります。ケージから出ると廊下を歩いて、小上がりの畳敷きのスペースに上り下りしています。食生活では、一番刈りをよく食べ、おやつは乾燥にんじんや青パパイヤを
少々。獣医さんから「うさぎにいちご1粒をあげるのは人間でいえば80粒くらいにあたります」「うさぎ用のおやつはおいしそうなものがいろいろありますが、知らない方がかえって幸せなのかもしれないです」とアドバイスを受け、はっとしたそうで、自分が一度に食べる量をショータンの体重に置き換えて計算し、ほんの少々を守っています。
「これからショータンには一日でも長く生きていてほしいですし、彼にとってどういう生活が一番快適なのかを考えたいと思います。たぶんショータンがいなくなったら私はペットロスになると思うんです。でもそれ以上に彼がくれたすばらしい時間がたくさんあるし、出会えたことに感謝すると思います」。来年1月に迎える10歳は通過点であり、お二人はこれからも変わりなく、淡々と日常をすごしていくことでしょう。

現在の食事
ピギーさんとショータン
しょーたん最新写真(2022年8月)