スタッフコラム

うさくら Twitter アンケート 第二回

うさぎと暮らす NO.79 最新号はこちら

Twitterにてうさぎと暮らしている方に向けてアンケートを行いました。アンケートへのご協力、誠にありがとうございました!

今回は「うさぎさんの性別は?」「うさぎのオスを飼っている方、去勢しましたか?」「うさぎのメスを飼っている方、避妊をしましたか?」です。

うさぎさんの性別は?

投票数337。

男の子と女の子、ほぼ半々という結果に。それぞれの可愛い個性を考えると納得の結果なのではないでしょうか。だって…男の子も女の子もみんな可愛いですもの♡

結構よく聞くのが、お迎え時に聞いていた性別と違っていた事件!

我が家の先代うさぎさんも女の子と言われていて、ある日爪切りをしようと抱えたら「あんた…立派なもんお持ちやないですか…」ってなりました。やっぱりあるあるなんですね~。赤ちゃんのころのうさぎさんの性別判断はなかなか難しい。

うさぎのオスを飼っている方、去勢はしましたか?

投票数371。

未去勢のうさぎさんが7割以上という結果になりました。女の子のうさぎさんよりは生殖器系での病気のリスクも少ないというのもあるからでしょうか。

未去勢でも2うさちゃんとも大きな病気もなくうさ生を大往生!!飼い主さんが定期的な検診にしっかり連れて行っていたというのもとても大切なことですね。

腫瘍が見つかった時にはもう手遅れだった…というのがもう本当につらい。それが防げるのであれば早めに、手術を乗り越えてくれる体力がある時に去勢手術を、という飼い主さんも多いかと思います。

こちらの方がお話ししている通り、最終的な判断はうさぎさんの日々の健康と一緒に生活する飼い主さんの判断になってくるのだと思います。おうちの子を思って悩みに悩み、考え抜いた判断なのであれば、「去勢をする・去勢をしない」どちらに決めたとしても間違いではないと思います。しかしまずは、男の子特有の病気を知っておいたり、手術のメリット・デメリットを知った上で判断されるとよいでしょう。

うさぎのメスを飼っている方、避妊はしましたか?

投票数245。

女の子は半数以上が「避妊済み」という結果に。女の子は年を重ねるにつれて子宮疾患のリスクが高まります。早いうちに手術をしていれば子宮系の疾患に関しては未然に防ぐことができるというのが、うさ飼いのみなさんの知識として定着してきていると言えるのではないでしょうか。

避妊手術後は換毛のタイミングが崩れたり、食欲が増して太りやすくなったりというのも多いので、子宮疾患のリスクはなくなったとしても日々のケアは術前にも増してしっかりしてあげる必要がありますね。

おうちの子の去勢・避妊のアンケートには本当にたくさんのコメントをいただきました。できることならすべてここで紹介したいくらい、どの飼い主さんのコメントもとても参考になります。もし気になる方はぜひ元ツイートからリプライ欄をチェックしてみてください。

引き続きTwitterではアンケートを行なっていきますので、アンケートのご協力よろしくお願いします!

また第三回の集計をお楽しみに~~🐰