あご関節症の種類・症状って?

あご関節症の種類・症状って?

顎関節症の症状には、顎の痛みや顎の開けづらさ、噛み合わせの違和感などがあります。
顎を開ける度に、変な音がするということもあるでしょう。
口をちゃんと閉じられなくなることもあるようです。
顎関節症は、首や肩の凝り、頭痛、腰痛、難聴、めまい、呼吸困難、しびれなど、全身の不調にも繋がる深刻な病気です。
顎関節症には、大きく分けると四種類あり(筋肉の障害が原因のT型、関節包み・靱帯が原因のU型、関節円板が原因のV型、変形性関節症が原因のW型)、その種類によって現れる症状も違います。
ただし、複数の種類の顎関節症が同時に起こることも多いので、顎関節症かなと思ったら、早めに医師の診断を受けた方がいいでしょう。
顎関節症による症状だと思っていたのに、実は他の病気や怪我が原因だったいうこともあります。
顎関節症は、クラウンなどが劣化したり、歯科での治療自体に問題があったりする場合に起こる内在的外傷や異常咬合などの外来性外傷、ストレスによる咀嚼筋の異常緊張、歯ぎしりや歯の食いしばり、片方だけに偏って噛む、頬杖をつくといった悪習慣など、様々な要因が重なり合って発症することが多いと考えられています。
ただ、生まれつきの骨格などが原因のこともありますし、人によって顎関節症になりやすい、なりにくいという個人差もあるようです。
顎関節症の症状が軽い場合には、整体などで体の歪みを整えたり、ストレスをできるだけためないようにしたり、均等になるように噛むなど、自分でできる対策もたくさんあります。

関連ページ

顎関節症の種類って?
顎関節症の症状に多いのは、顎の痛みです。噛んだり口を開閉するときに痛みがすることもあります。ひどい場合は治療が必要になることもあります。事前に症状と治療法を知って予防しましょう。