顎関節症の種類って?

顎関節症の種類って?

顎関節症というのは、人によって程度の差はあるものの、意外に身近な病状だったりするものです。
顎関節症の種類としては、日本顎関節学会がT型からX型までに分類しています。
主に、どこの部分でどのような障害が起こっているかということで分類しているようです。
その分類は以下の通りです。

 

T型・・・咀嚼筋に痛みを生じるもの。

 

U型・・・関節包や靱帯の障害によって生じるもの。

 

V型・・・関節円板の障害によって生じるもの。

 

W型・・・骨に障害が生じるもの。

 

X型・・・T〜Wにはあてはまらないけれど、顎関節部分に異常を生じるもの。
心因性の場合も含まれる。

 

この中で一番多いのは、V型になっています。
V型の場合には、口を開け閉めする時に、「カクン」といった音が鳴ることが多いです。
この音は、関節円板が本来の位置からずれているために鳴るようで、悪化すると口が開けにくくなったりします。
ただ、特に治療を必要としないような症状の軽い人や自分が顎関節症だと自覚していない人も多いでしょう。
T、U型に関しては痛みが生じる場合がほとんどですが、V、W型に関しては、痛みが生じない場合も多いようです。
しかし、必ずしも顎関節症の全てがこの種類にあてはまるというわけではなく、いくつかの種類が合わさっている場合もあります。
顎関節症かなと思ったら、まずは一度、口を大きく開けて、閉じてみるといいですね。
それで、もし、カクンというような音がするのであれば、顎関節症の可能性が高いということになるでしょう。

関連ページ

あご関節症の種類・症状って?
顎関節症の症状に多いのは、顎の痛みです。噛んだり口を開閉するときに痛みがすることもあります。ひどい場合は治療が必要になることもあります。事前に症状と治療法を知って予防しましょう。