顎関節症の検査方法とは?

顎関節症の検査方法とは?

顎関節症かな?と思っても、口が開けづらくなるなど、症状がある程度重くならないと病院に行くことはあまりないかもしれません。
しかし、口の開け閉めの際に痛みがなくとも、ひどい肩凝りの原因が顎関節症にあることも珍しくないのです。
顎関節症は、自然に治る場合もあるのですが、治療が必要かどうかは専門家でないとわかりません。
顎関節症を疑っているのであれば、ぜひ一度、病院に行って、検査してもらうことをお勧めします。
顎関節症の場合は、口腔外科を受診することになります。
最近では、歯科でも行っている場合があるそうです。
それでは、どういった検査を行うのでしょうか?まず、初めに行うのは問診です。
症状はいつから始まったのか?どのような症状があるのか?顎に負担を掛けるような癖はないか?などです。
服用している薬やアレルギーがある場合には、必ず申し出る必要があります。
この問診の結果によって、治療法が変わってくるのです。
それに、触診や視診も行われるでしょう。
姿勢や顔のバランス、口の開け閉め具合もチェックします。
口の開け閉め具合のチェックを開口量測定と言います。
十分に口を開けられているという目安は、指3本が縦に入るかどうかです。
さらに、開閉時に音はしないか?噛み合わせがどうかなども調べます。
また、レントゲンやCT・画像診断などで、顎関節部の骨や関節円板の位置を確認するというのも、大事な検査です。

他にも、顎関節症の程度や状態によって、もっと詳細なことがわかるような検査を行う場合があるでしょう。
そして、顎関節症と診断された場合は、その症状に合った治療法が施されます。

関連ページ

顎関節症は予防できる?
顎関節症の症状に多いのは、顎の痛みです。噛んだり口を開閉するときに痛みがすることもあります。ひどい場合は治療が必要になることもあります。事前に症状と治療法を知って予防しましょう。
あご関節症の予防・治療法って?
顎関節症の症状に多いのは、顎の痛みです。噛んだり口を開閉するときに痛みがすることもあります。ひどい場合は治療が必要になることもあります。事前に症状と治療法を知って予防しましょう。